すずゆら

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ユキココヤシ

1275204779.jpg




ユキココヤシ  歌詞
声にならない、不安定が目の前に広がっている。
すんとも告げられないのは数年ぶり、不思議の一つ。

緩い太鼓の、拍子がいつも、この大樹を征している。
中では世襲の職人たちが無心を刻んでいる。

結晶型、人造の香り、でも積もってしまえば。

「雪」囁く君、この景色が引き寄せた。外套の割には小柄で。
久しぶりの空、薄着の僕くしゃみした。しゃがんで抱き寄せた深爪の指。

指摘する僕、最近ピアノを始めた、と君は言う。
内心君は 穏やかではなく 無心を貫いている
 
流線型、人体の成分、流れても悪くない。

「雪」と喚く声、この言葉が引き寄せた。街燈の中には既視感。
久しぶりの音、驚く僕。でも今は屈んで掴もうか、絶好夢。

「雪」囁く君、この景色が引き寄せた。外套の割には小柄で。
久しぶりの夜、無防備顔くしゃくしゃで。笑って「よかったね」と君が、僕を優しく受け入れる。
スポンサーサイト

| 音楽 | 18:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://suzuyura.blog.fc2.com/tb.php/5-a1012587

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。